便秘で下半身太り?その予防と解消法とは?

便秘で下半身太り?その予防と解消法とは?

 

多くの女性が悩んでいるのが便秘。

 

便秘は毒素を傷めこむことになりますので健康上も良くないですし、下半身太りの原因にもなります。

 

そこで、便秘を改善し、下半身ダイエットの解消をするための方法を紹介しています。

 

 

そもそも便秘とは

 

便秘とは「3日以上便が出ないこと」と思われがちですが、少し違います。
本来なら毎日お通じがあるのが健康な状態です。

 

通常、食事をしてから排便までは24時間かかります。
食材やコンディションに寄っても違いますが。

 

ですから、2日とか3日以上長に溜め込んでおくと、食べたものの腐敗が進み、毒素を発生しやすくなります。

 

また、便は長い時間腸の中に滞留することによりどんどん水分が失われ、固くなって余計に排出がされにくくなり悪循環です。

 

やはり、1日1回ないし2回はお通じがあるのが普通ですよね。

 

便秘と肥満の関係

 

便秘になると太りやすくなる理由は大きく分けて2つ。

 

・腸周辺の血管やリンパの圧迫

 

便が溜まることでお腹まわりのリンパが圧迫され、下半身がむくみます。
腸の周りには下半身へとつながる血管やリンパ管がありますが、それらが圧迫されると、むくみの他、冷えや代謝低下、を招いてしまいます。

 

代謝の低下はそのまま脂肪の増加につながりますし、むくみやセルライト増加の原因になります。

 

・解毒作用の遅延

 

2つ目は、便が腐敗し血液に毒素が溶け込むことで、肝臓などの期間が解毒の作業でフル稼働になり、本来のエネルギーを代謝できす、代謝機能が落ちてしまう状態を招きます。

 

解毒作業でいっぱいになると、ダイエットしてもちょっとやそっとじゃ効果は出ません。
あと、解毒が間に合わなくなると毒素が身体を巡り、セルライトをたくさん作る原因になります。
セルライトができるとさらに下半身は冷えやすくなり、代謝が落ちます。

 

便秘を解消する方法は?

 

ではそんなデメリットだらけの便秘を解消するにはどうしたらいいでしょうか。

 

・食物繊維をたくさん取る

 

日本人の食物繊維の平均摂取量は、平均して毎日6g程度不足していると言われています。
食物繊維には不溶性と水溶性の2種類がありますが、不溶性の食物繊維の方が腸の中で水分を吸って膨らんで量が大きくなり、腸の蠕動を促し、便秘を解消してくれます。
また、水溶性の食物繊維は、便の水分量を増やして便を柔らかくしスムーズに排出冴える働きや、善玉菌のエサになって腸内環境を改善したりします。

 

不溶性・水溶性食物繊維はともに便秘の解消に必要です。
理想の摂取量は、不溶性:水溶性=2:1くらいの割合がベストとのこと。

 

不溶性の食物繊維は、玄米やこんにゃく、ごぼう、サツマイモなどに多く含まれ、
水溶性の食物繊維は、海藻類、納豆、オクラなどに多く含まれています。

 

・水分をたくさんとる

 

食物繊維をキチンと取っていても、水分が不足するとお腹を詰まらせてしまう原因になってしまいます。
水分はしっかり取りましょう。
野菜や果物から摂るのもいいんですが、オススメはやはりミネラルウォーターをマメに飲むこと。
よく言われる1日2Lを目標に頑張ってください。
あと、コーヒーやや緑茶、紅茶やウーロン茶などはカフェインを含みますので、水分補給にはなりませんのでえご注意。
もちろんアルコールもです。

 

・善玉菌を摂る

 

乳酸菌やオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やします。
善玉菌によって腸内が酸性に保たれると、腸の動きが活発になり便秘解消の要因になります。
また、当然腸内環境もよくしまうので、以降の便秘予防に効果があります。

 

・適度な運動

 

運動不足は便秘の引き金です。
町の蠕動が減って働きが弱るからです。
適度な運動はストレス解消にもなるしダイエットや健康にもいいのでおすすめですね。
とくに下半身を動かすウォーキングは手軽にできますし、時間があればヨガは血行をよくしたりリンパ管の流れをよくしてくれるのでおすすめです。

 

・十分な睡眠

 

睡眠不足になると便秘が発生する原因になります。
腸が蠕動を活発に起こすのは就寝時です。
睡眠をしっかり取るということは、健康上にも精神的にもいいのでしっかり取ってください。