餃子ダイエット

餃子ダイエットって?本当に痩せるの?

 

 

最近話題となっているのが、餃子ダイエット。

 

餃子が好きな方は多い人と思いますので、好きなものを食べて痩せるなんてすごくいいですよね。
実際、プロボクサーの減量方法としても浸透しているので効果は本物みたいですね。

 

では、実際どんな効果があって、正しいやり方はどんなものなのでしょうか?

 

餃子は健康的なダイエット食!

 

餃子って、いっけんカロリーが高そうなイメージがありますが、具材を見ると肉の他にキャベツやニラもたっぷり含まれており、バランスが良くって腹持ちもし、かつ摂取カロリーは意外に少ないんです。

 

高たんぱくで低カロリー。滋養強壮効果もありますので、特にスポーツをしている方にいいのもうなずけますよね。

 

もう一つ意外なのは、結構な量を食べても大丈夫という事。

 

反対に餃子ダイエットは、手法を間違えると逆効果になりますので正しい知識と方法で実施してください。

 

餃子の栄養価と効果って?

 

餃子ダイエットはボクサーコーチが考案されたと言われていますので、運動に必要なたんぱく質をたくさん摂ることになります。

 

更に、ニラやニンニクも入っていますので、疲労回復効果もあります。
速やかに疲れを取りたい人にもいいですよね。

 

あとキャベツなどの野菜がビタミンや食物繊維をたくさん含んでいます。

 

餃子の食べ方は?

 

餃子ダイエットは、大変簡単なんです。
毎夕食を餃子にするだけ。
焼き餃子でもOKなんです。
これだけなんです。

 

ただし、食べる個数は7個から15個くらいまでが適量と言われています。
それを超えると、焼き餃子なので、油の摂取が多くなってしまいます。
また、少ないと栄養価として不足気味になり、ストレスを抱えてしまいますので、大体一人前=7〜8個は食べるようにしてくださいね。

 

そして、もう一つ注意点は、夜餃子にしているだけですので、朝昼食はなるべく低カロリーでバランスのいいものを普通に食べてください。
間違っても夜だけ餃子で帳消しにはできませんので、朝と昼に爆食していると元も子もありませんよね。

 

更にひと工夫

 

食材とする餃子は市販のもので十分いいのですが、こだわる方は手作りしてみてはいかがでしょうか?

 

ご自分で作られると、具材の調整ができます。
ひき肉を少なくして野菜を多くする。
肉を鶏肉やエビに変えてみる。
しいたけ、おから、白菜などを入れてみる。
炒める際の油を極力少なく、または水餃子にしてみる。

 

色々工夫して楽しめますね。

 

餃子ダイエットの注意点

 

餃子はいうまでもなく、ごはんにとても会います。
しかし、餃子ダイエットはご飯を食べると摂取カロリーをオーバーしますのでNGです。
また餃子ってビールに合いますよね〜(^^)
これを読んでのどがゴクリとした方も多いと思います。
私も餃子とビールのセット大好きなんですが、やっぱりダイエットなので控えてください・・・
代わりにウーロン茶を飲むと脂質や糖質をカットする働きもありますのでおすすめです。

 

最後に、いくら餃子が好きだからと言って毎日食べていると、飽きてくるものです。
そこをどう乗り越えるかが、この餃子ダイエット成功のカギです。

 

挑戦する人は以上の点を注意して頑張ってみてください!