ダイエットに不可欠!代謝を上げる方法

ダイエットに不可欠!代謝を上げる方法

 

 

ダイエットを成功させる、または継続させるには「代謝をあげること」が必要不可欠ですね。
逆に代謝が低いままだと、ダイエットはなかなか上手くいかないし、仮に体重が減っても不健康な減り方になります。

 

ここでは代謝を上げる生活習慣などを思いつくまま列記してみました!

 

筋肉を増やす

 

もはや、基礎代謝アップイコール筋トレっていうくらい定番化してきました。
筋肉を増やすと代謝が上がり、余分な老廃物を除去する能力も上がります。
筋肉が落ちるとその逆ですね。

 

筋肉を増やすには、ジムに通って本格的な筋トレも有効ですが、時間や費用的に難しい人もいらっしゃいますよね。
それに、とれーなーを着けず自己流ですると、効果がないどころかケガや体調不良の原因にもなります。

 

そこで、家トレでも十分なんです。
筋肉の半分以上は下半身に集中しているので、脚のトレーニングをメインにすれば、全身運動になります。

 

もちろんウォーキングと組み合わせてもOK。
スクワットやカーフレイズ(ふくらはぎの運動)を10回3セットとか続けるのがいいですね。
余裕があれば腹筋や上半身も行います。

 

体温を上げる

 

体温を上げると必然的に基礎代謝も上がります。
一般的に1度上がると13%アップするとも言われています。
血液や血やリンパの流れが良好になったり、ホルモンが活発に分泌されます。
逆に低体温になるとこの逆になり、内臓脂肪がつきやすい身体になります。

 

体温を上げる方法はたくさんあります。
・とにかく体を冷やさない。
・朝食をきちんと取る。
・睡眠をしっかり取る。
・体温を上げる食材(生姜、にんにくなど)を食べる。
・半身浴を習慣にする。

 

この他にも、運動をする、マメに歩くなど色々ありますので低体温気味の方は参考にしてみてください。

 

ストレッチ(柔軟体操)をする

 

身体が固い、または凝っているとこれも血流やリンパの流れが悪くなります。
一番いいのはやはりストレッチ。

 

柔らかい身体は筋肉の繊維も太くて隙間が多く、よく伸びて可動域が広いです。
その為、毛細血管も多くてすみずみまで栄養も行き渡りますので代謝が上がります。

 

最近、股割りとかがブームになっていますが、無理をせず、できる範囲からストレッチ運動を取り入れてください。
下半身だけでなく上半身のストレッチも忘れずに。

 

特に肩甲骨の周辺にある褐色脂肪細胞は、脂肪の燃焼と密接に関わっています。
現代人は、生活が便利になった反面、肩甲骨を動かす機会が減っています。
づしてもパソコンやスマホを見る事が多い現代人。
積極的にストレッチを取り入れましょう。

 

お風呂上がりにテレビを見ながら「イタ気持ちいい」範囲でストレッチしてみましょう。

 

 

持久力をあげ、心肺機能をアップさせる

 

持久力を上げると肺活量もアップします。
すると前進にまんべんなく酸素が行き渡るようになりますので、全身の細胞が活性化して、基礎代謝がアップします。

 

持久力=肺活量を上げるのはやはり運動です。
ウォーキングやジョギングなど、習慣化できそうな運動を地道に続けることが一番。
余裕がある人は、水泳がバツグンに効果があります。

 

また、日常生活でも、猫背の方は意識して姿勢を治すだけで肺活量がアップします。

 

基礎代謝の高い身体は、肥満を予防・改善するだけでなく、免疫力も上がり、成人病リスクも低減します。

 

代謝の悪い方は、日常生活の中で少しずつ気を使って改善したいですね。

 

 

>>代謝を上げるサプリメント?