ベジファーストダイエットの効果的なやり方って?

ベジファーストダイエットって痩せるの?

 

 

ベジファーストダイエットが近年流行っていますよね。
ちょっと前までは、「食べ順ダイエット」とも言われていましたが、結局野菜を最初に摂るので、「ベジファースト」ダイエットという呼称になったみたいですね。

 

数あるダイエットの中でも簡単にできるダイエット方法で、きつい運動もせず、食事制限もせず、食べ順を変えるだけという非常にシンプルなものなので人気になっています。
しようと思えばいつでもどこでもできるのも魅力ですね。

 

それではこのベジファーストダイエットの詳細を見ていきたいと思います。

 

やり方とメカニズムは?

 

ベジファーストとは文字通り、通常の食事のときに野菜から先に食べることです。
この「食べる」というのは、「完食する、食べ終える。」という事。
色々なメニューが出ても例えば野菜サラダを先に完食して、続いて汁物→主菜(肉や魚など)→最後に主食の炭水化物(ごはんやめん類、パンなど)を食べます。

 

最初に野菜を食べることにより、空腹感から解放されます。
これは食物繊維が腸内で水分を吸収して膨らんでくれる働きがあることです。

 

それと、血糖値の急激な上昇を防いでくれること。
お腹が減れば、人間は真っ先にエネルギーに変わる糖質となる炭水化物を欲しようとします。
お腹ペコペコの時のごはんやラーメン、うどんやパンなどが美味しく感じられるのはこの為です。
しかし、血糖値の急激な上昇により、余分な脂肪を溜め込もうとしてしまい、結果、食べ過ぎると体重増→肥満、という結果になります。

 

野菜を先に食べるとこのようなことがなくなります。

 

また、腸内環境を改善してくれる働きや、アンチエイジングにも効果があると言われています。
食べる順番を変えるだけでこんなに多くの恩恵が受けられるんですね。

 

ベジファーストの食材は?

 

ベジファーストダイエットに適している食材は、言うまでもなく野菜ですが、食物繊維の多い葉野菜がいいですね。
あと、キノコ類や海藻類にもたっぷり食物繊維が含まれています。
おまけに低カロリーですので、積極的に取り入れたいですね。

 

外食の場合は?

 

例えば会社の近くで食事をするとき、必然的に外食が多くなりますよね。
そういう時、和食を中心にした定食店が中心ならベジファーストが問題なくできるんですが、時には丼物や、うどん、そばなど炭水化物主体のお店に行くことも多いと思います。
そんな時でも、副菜・サイドメニューにサラダや野菜の小鉢を付けるようにしましょう。
そうすれば、炭水化物主体の店でもベジファーストダイエットが実践できます。

 

噛むことによっていっそうの効果アップ!

 

ベジファーストダイエットは野菜から食べるわけですが、留意したいのは、普段よりよく噛んで食べることですね。
よく咀嚼することにより、満腹中枢が刺激され、空腹状態を早く収めてくれます。
食べた量じゃなくって、満腹感を感じるかどうかは別問題なんです。
できれば30回は噛んで食べると非常に効果的です。

 

ドレッシングは薄目、ローカロリーで。

 

せっかくのベジファーストですので、マヨネーズを大量にかけてというのはいただけませんね。
ドレッシングはノンオイルとか、レモンを絞るなどして工夫してください。

 

いかがでしょう?
ベジファーストダイエットは文字通り、食べ順を変えることによって、糖質や脂分の吸収を極力抑えるというものです。
昔ながらの「三角食べ」に慣れている方は多少抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れると本当に簡単ですし、糖尿病や高血圧など、成人病の予防にもなります。
ぜひ生活習慣に取り入れたいですね。

 

 

>>ダイエットサプリでさらに加速する?