痩せる薬って?

痩せる薬(医薬品)ってある?合法なの?

 

 

個人輸入で手に入る海外製の痩せる薬

 

最初に結論からいいますが、日本では「痩せる医薬品」は販売されていません。
販売が許可されているのは、「ダイエットサプリ」、つまり栄養補助食品です。

 

しかし、医薬品扱いの「痩せ薬」を手に入れることは可能です。
その方法とは、「個人輸入の店舗を介して購入すること」

 

日本で直接購入できないけど、法律上、個人輸入での購入や、個人輸入の代理店などからの購入はなぜか禁止されていません。
ですから、そういう店舗から入手することはできます。

 

 

購入はできるが自己責任?

 

上で説明した通り、海外の痩せ薬は、ネットで簡単に合法的に購入できます。
しかし、海外の医薬品は、日本では承認されていないものもあるため、注意しなくてはいけません。
安心して飲むには、厚生労働省認可の薬を飲むしかありません。
あとはすべて売る側も買う側も自己責任になります。

 

 

日本で処方される痩せ薬、その効果と副作用

 

@サノレックス

 

サノレックスは病院で医師から処方されないと手に入れることができない有名な薬で、。厚生労働省からの認可もあるので安心感はあります。
ただし処方されるためには決められた基準があります。

 

対象者・・・肥満度が+70%以上、またはBMI値が35以上の高度肥満症患者。

 

効果・・・食事療法や運動療法を助ける目的で使われ、食欲を抑制する働きがあるため、空腹感を抑えてダイエットすることができます。

 

主な副作用
サノレックスの副作用は重症化するようなものではないとされていますが、主な副作用は以下になります。
・イライラや不安感、不眠、口の渇き、吐き気、便秘、頭痛、動悸

 

Aスーグラ錠

 

対象者・・・糖尿病患者のための薬です。

 

効果・・・糖分を体外に排出する働きや血糖値を下げる効果があります。
また、中性脂肪を分解したり、体重・内臓脂肪の減少効果も認められています。

 

主な副作用
まれに重い副作用が出ることがあるので注意が必要です。
口渇、頻尿、便秘、低血糖、腎盂腎炎(尿路感染症)、敗血症、脱水、ケトアシドーシス

 

Bゼニカル

 

対象者・・・日本では未承認ですが、アメリカの食品医薬品局FDAの認可を受けていて、多くの肥満に悩む方が使用しています。

 

効果・・・脂肪の吸収を抑える、脂肪を便と一緒にそのまま体外へ排出します。

 

主な副作用
突然の便意、便が柔らかくなる、おなら、便が油っぽくなる、ビタミン不足

 

 

代表的なものを3つほど紹介しましたが、いずれも医薬品の為、処方される方も限られていますし、当たり前ですが必ず医師の診断をうけることが必要です。