ボルテックスパワー 有胞子性乳酸菌のダイエット効果

ボルテックスパワーの有胞子性乳酸菌のダイエット効果

 

 

ボルテックスパワーの中に入っている「有胞子性乳酸菌」。
この菌はある意味腸内環境改善ダイエットのカギを握る乳酸菌です。

 

有胞子性乳酸菌は、胃酸で死滅することなく、生きたまま腸まで届く乳酸菌のことです。
確かに、生きたまま腸まで届く乳酸菌は多いのですが、この有胞子性乳酸菌は性質が少し違います。

 

何が違うかというと、名前にあるように「胞子がある乳酸菌」ということです。
この胞子はその周囲が硬い殻に覆われています。
そのおかげで
生きて腸まで届くんですね。

 

生きた乳酸菌を取るということは、現代人にとってとっても大事なことです。
特に洋食中心で、カロリー過多の食事をしていると腸の悪玉菌はどんどん増えていきます。
この「悪玉菌優位」の腸って健康にも、そしてダイエットにも悪影響なんですね。

 

 

腸内環境の改善はこんなに大事

 

私たち人間の町内には、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌って3つのタイプの細菌が生存しています。
善玉菌と悪玉菌は、その名の通り身体にいい影響か悪い影響かによって住み分けされます。

 

一方、日和見菌は、その時の腸内環境によって善玉か悪玉になってしまいます。
まさに「日和って」しまうんですね。

 

この3つの菌のバランスが、善玉2:悪玉1:日和見7というのが理想の腸内環境ともいわれています。
このバランスが崩れ、悪玉菌が優位な状況になると腸の機能そのものが低下します。
その結果、便秘や下痢、免疫力の低下、ストレスホルモンの増加などにも関係してしまうんです。
善玉菌を増やすことに努めていると、自然と腸は環境が整いバランスのいい状況になります。
それでは善玉菌によって具体的にどう改善されるのか見ていきましょう。

 

 

便秘の改善

 

腸内環境の悪化は、ダイレクトに便秘の原因になります。
その他、水分不足や加齢、ストレス、運動不足などによっても起こります。

 

あと怖いのは、無理なダイエットによっておこるもの。
せっかく痩せようと思っているのに、便を溜め込んでいってはことも子もありません。

 

ダイエット中は特に積極的に乳酸菌などの善玉菌をとらなくてはいけません。
ヨーグルトなどに代表される乳製品が代表ですね。
冒頭に言ったように、「生きたまま腸まで届く」というのはキーポイントとなります。

 

あと、発酵食品もおススメです。
豆腐や納豆、味噌などの大豆製品や漬物など、和食は発酵食品の宝庫ですね。
和食をメインにしている方は便秘も少ないのが特徴です。

 

加えて食物繊維やオリゴ糖を取るのも非常に効果的です。
食物繊維は野菜や海藻類にたくさん含まれていますし、オリゴ糖は善玉菌のエサになります。

 

 

基礎代謝を上げる

 

善玉菌をたくさん摂ると、基礎代謝を上げて、消化のサポートをする働きがあります。
基礎代謝のアップはダイエットにとって、そして太りにくくリバウンドしにくい身体づくりに欠かせません。

 

最近では筋トレによって基礎代謝をあげるダイエットがメインになりつつありますね。
腸内環境をよくすることも基礎代謝をあげますので、血流を良くしてみずみずしい身体作りをサポートします。
また、冷えやむくみの原因も除去してくれますので改善に繋がります。

 

基礎代謝をあげるために筋トレしてる方は、ぜひ「腸活」も一緒にしてみてください。

 

 

内臓脂肪の減少

 

最近の研究では、肥満の人にガセリ菌SP株を一定期間摂取してもらったところ、内臓脂肪の面積やウエストサイズ、そして体重が減少していることが明らかになりました。
ガセリ菌SP株は、雪印メグミルク社が発見・開発した乳酸菌で、これも生きて腸まで届く菌という事です。

 

内臓脂肪は、内臓の周りや腸間膜につく脂肪で、一度ついたらなかなか落とせないと言われている脂肪です。
内臓脂肪を取るにはガゼリ菌を取ることも大切ですが、食べ過ぎや飲みすぎ、そして運動不足に注意しましょう!

 

 

>>有胞子性乳酸菌を含むボルテックスパワー